日本全国うまいのセレクトショップ 久世福商店

Since You are precious and honored in my sight, and because I love you. Isaiah 43:4

久世福商店の商いの心得

善光寺門前 三原屋「糀のお話し」

伊豆市ワサビ沢
薩摩焼酎 木樽の蒸留器
埼玉県 本手焼き煎餅

久世福の心意気

東に脂がのった鰯があると聞けば赴き、
西に甘い塩があると聞けば赴き、
南に香りの高い焼酎があると聞けば赴き、
北に旨い昆布があると聞けば赴き、
そうして久世福商店のオリジナル商品たちは生まれました。

日本の辺境に位置しながら、自然を愛する
誇り高い生産者との出会いによって誕生しました。
単に商品の魅力だけでなく、生産者の人柄にまで
惚れ込んだ逸品はプロ仕様でありながら
お求め易いパッケージに仕上げています。
生産者と語り合うことで思いもよらない商品が出来上がりました。

世の中に溢れたプライベートブランド商品は
行き過ぎた低価格志向が目立っている気がします。
久世福商店は、お客様に生産者の理念まで伝えることで
適正な価格で販売させていただき、
お客様、生産者様、そして世間様の三方にとって
有益な商いを理想に掲げております。

在りし日の久世福松(左)と良三(右端)
良三(中央)母と兄と妹
 

商いの原点

久世福商店の起源は久世福松という商人から始まります。
大正初期、千葉県銚子の呉服問屋で生まれ育った福松は、
父親が人のために借金を背負うこととなり、家族で逃げるように上京、
貧しい生活を余儀なくされました。

貧しい生活の中で、若くして一家の大黒柱となった福松は、
幼い弟たちを養うため、昭和9年、東池袋で久世商店を創業。
母親が老舗の醤油蔵の一人娘であったことも力となり、
当時の先駆者としてソース、ケチャップなど、洋調味料を製造、販売し、
後に総合食材問屋として発展を遂げます。

昭和25年、福松の三男として久世良三が誕生しました。
良三は大手スーパーの勤務やペンション経営などを経て、
現在の本社、信州飯綱町にサンクゼールを創業しました。

久世福商店の商いの原点。
それは困難な時代に活路を見出して創業した久世商店。
自転車とリヤカーを使って、自らが汗水流して働く、
福松の商道徳によるものです。

世界をめざして

“ザ・ジャパニーズ・グルメストア”をコンセプトに、
日本全国から“うまいもの”を集めました。
千年の歴史を持つ糀を使用した本物の発酵醸造食品を軸に、
海外市場をめざして和食文化を発信しています。
日本各地の地元で愛される誇り高き生産者の皆さんと一緒に開発した、
だし・調味料・冷凍食品・お菓子・台所道具など、
約2000品目を取り揃えています。

大正ロマン

大正時代は久世福商店のもう一つのコンセプトです。
当時の工業製品・食品は、海外輸出を前提にデザインされており、
“MADE IN JAPAN”と示された大正時代のラベルは、
今も古びることはありません。
大正時代の店蔵を模した店内には、久世福商店の目利きバイヤーが
全国を巡って一目惚れした商品が所狭しと並び、
その商品を使った試食提供を行うキッチンカウンターでは、
ライブ感溢れる久世福流の商品説明が魅力を高めます。

久世福のこだわり

久世福のバイヤーとして日本全国を駆け巡る中、
日本には「だし」や「発酵食品」に代表される
「旨み」という世界に誇れる独特な食文化があり、
その奥深さを知れば知るほど、「旨み」を究極まで追求した
本当に美味しいだしを作りたい…と思うようになりました。

実際に私たちが足を運んで見つけた原料は、
どれも希少なものばかり。そうしてできあがったのは、
久世福が自信を持っておすすめする「風味豊かな 万能だし」、
「贅沢の極み」、「門前 精進だし」などのラインナップです。
江戸時代、関西の昆布だしと関東の鰹だしを合わせただしで
庶民をうならせたように、原点に戻って高品質で本物の素材に
こだわった“だし”に仕上げました。

久世福こだわり商品一覧

 こだわりの久世福商品

おとうふドーナツ
木曽漆器
万能だし
わさび
しおから
焼酎
あんこ
煎茶
京都飴

信州の伝統工芸 木曾漆器

久世福食堂

軽井沢ショッピングプラザにオープンした「久世福食堂 軽井澤本店」は、
久世福商店のバイヤーが全国を巡って見つけた故郷で愛される逸品を、
最も美味しい方法でご堪能いただける体験型レストランです。
生産者が手間暇かけてつくった久世福商店の商品をご家庭で
美味しく召し上がっていただくための調理方法をご提案いたします。

メニューのご紹介

統一されたブランドコンセプトを表現した
久世福食堂のデザイン理念とそのディテールは、
6名のアーティスによって形作られています。

デザインコンセプト

店舗のご案内 

お問い合わせ

久世福商店は「株式会社サンクゼール」の和ブランドです。
会社に関する情報は サンクゼールの公式サイトへ

商品の品質等について
店舗やサービス等について

フリーダイヤル 0120-537-002【1】
音声案内に従って「1」をプッシュ
受付時間/10:00~17:00
※土、日、祝日定休

オンラインショップの
ご注文に関するお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-537-002【2】
音声案内に従って「2」をプッシュ
受付時間/10:00~16:00
※土、日、祝日定休

商品のご提案、
オリジナル商品のOEM製造、卸取引、
取材・メディア掲載等

ビジネスパートナー窓口へ